2日目の夜ゴハンを23:30から食べ始め、5種類の生ハム等々を大量に食べさせられて相当キモチ悪くなった翌日。。。朝はヨーグルトとビスコッティ、カフェラテで軽くすます。

留学時にも気になっていたのだが、ダニエラだけでなくイタリア人は液体系のものにビスコッティを浸して食べるのである。私も真似して食べていたが、ヨーグルト+ビスコッティの組み合わせは・・・。(以下略)

b0006244_0574825.jpgこの日は昼前にダニエラのパパが、シチリア島・東南部にあるSiracusa(シラクーサ)という町に連れて行ってくれた。

Cataniaから100kmくらい離れているところで、車でおよそ1時間ちょっとだったかな。
(ダニ・パパのおっそろしい運転に何度も死を覚悟した。比中国人厉害。
写真は「Anfiteatro Romano(ローマ円形劇場)」withダニエラ。
なんとこの闘技場は紀元3~4世紀に建てられたそうな。。

そのまま巨大洞穴のある「Parco Archeologico della Neapoli(ネアポリ考古学公園)」へ。この洞穴の中で囚人を働かせていたらしい。

b0006244_0464995.jpgその後、シラクーサにある小さな島「オルティージャ島」へ入る。島って言っても島じゃなくて車で普通に行けるところ。。

この海岸も綺麗だった。ここには「Fonte Aretusa(アレトゥーザの泉)」っていうのがあって、パピルス(エジプトとかで紙の原料になってた植物)を初めて目にする。

そしてお昼のためにダニエラ家に戻る。
ランチタイムは15:00開始!
本日はお米を使った『サラダ』からスタート。豆とトマトとレタスと米、味付けはバルサミコ酢とオリーブオイル、塩、黒胡椒というシンプルなもの。

主食みたい♪、と思っていたらその後にチキンやチーズを使った重めの料理が出てきて、またもお腹いっぱいに。。。しかもお昼からワイン!!パパさんが作ったそうで、かーーーーなーーーーり美味しかったです。今までにない香りと飲んだことない風味がしました。

b0006244_1252964.jpg食後にママの作った「クロスタータ」というお菓子(中にジャムが入ってるクッキー生地のようなパイのような)とともにエスプレッソをクイっといただきました。

このエスプレッソメーカーはイイっっと思ったね。
帰国前にお土産としていただいてしまい毎日飲んでるけど、直接火にかけて出すから電気で入れるコーヒーとはゼンゼン違うっっ!
こんなにも違うとは。

と、この日も食べるもの見るものすべてに感動したのであった。
夜はダニエラと次女フランチェスカと3人で夜の街へ。海岸沿いを歩きながら、そこから見える夜景にひたった。しかしながら次女の激荒い運転のため、よからぬ想像が何度も脳裏をよぎるのであった。。。(比她的爸爸厉害。

~4日目・地中海を泳ぐに続く~
[PR]
時差ボケ解消せず、昨晩はAM4:00就寝。

b0006244_2248577.jpg初日にローマ市内を歩き回ったためにダニエラと私は爆睡だった。朝ごはんも食べる気がせず、果物だけを食べる。

写真は初日に泊まったところ。
ホテルではなく、Termina駅から徒歩2分の教会が経営する宿泊所なのですごく安かった。素泊まりで数千円だったし、こんなに外観もキレイなので正直びっくり。

b0006244_22542646.jpgさて、2日目のメインはCitta del Vaticano(ヴァチカン市国)!!カトリック教の総本山!すぐBasilica di San Pietro(サンン・ピエトロ大聖堂)に入り、夕方までpiazza San Pietro(サン・ピエトロ広場)で過ごした。

今年新しいローマ法王が誕生するときには何度もテレビに映っていたけど、本物はちがう!圧倒されるくらい雄大でもあり精妙であり、天井や壁の芸術品の数々を見るとダニエラじゃないけど「心が落ち着くよね」という空気がただよっているのである。。。。と私らしくもない言葉をならべてしまったけど(笑)、ホントにそうだった。

b0006244_0143989.jpgそうそう、お昼ごはんはパスタ。
カルボナーラいっちゃいました♪
本物の『アルデンテ』。パスタの芯は髪の毛1本分。
ちょっと固めがやみつきになる美味しさだった。これを食べたら・・・日本のパスタは何なんだろ?とやや思えるくらいの。(っと書きつつ、日本でも間違いなくパスタ食べるけど~♪)

b0006244_0214771.jpgお店がある通りのようす。
天気もいいし、外で優雅に食べたわってカンジがしました。ただ、ちょっとびっくりしたのが、このお店で出された『水』。
普通の水だと思って飲んだら、「うげっ」。

なんと微炭酸入り。後味は甘さがほしくなるような、なんとも言えない味だった。ヨーロッパには結構こういう水があるらしく、好んでそれだけを飲む人もいるとかいないとか。

お昼後はサン・ピエトロ広場の大きい柱の陰で一休み。ここだけ風があって気持ちいいね・・・と思って横を見たらいつの間にかダニエラ寝てんじゃん!!彼女の寝顔を見ながらスリを警戒し、見張り役に徹してみた。。。

さて。シチリア行きのフライトは夜21:00。
出発点TerminaからFiomicino空港に向かい、飛んで1時間ちょっと。
のハズがAlitalia(アリタリア)航空は30分以上遅れて飛び、音が死ぬほどうるさかった。
おかげで次の日、耳がずっとおかしくなってしまった。。

結局、シチリアのCatania空港に着いてダニエラ家に到着したのは23:30!!!
それでも家族全員が夜ゴハンを待ってくれていてた。
ダニエラいはく、一般的にイタリア人の食事時間は遅くて適当らしいが・・・。挨拶をかわして、マンマの料理はBuono Buono~~♪♪と言いながら、吐きそうになるくらい食べさせられたのであった。

~3日目・シチリア島デビューに続く~

◆2日目に見たところ◆
[PR]
今朝起きたら14時・・(゜▽゜;)
姉がまちがえて鳴らした警報器の大音量にも気づかないくらい、意識不明だったとか。。。

b0006244_21431485.jpgローマ到着までの旅はいずれ書くとして。。。
イタリア時間・8:00AM。ダニエラとFiumicino空港で感動の再会を果たし、そのまま市内のTermini駅へ行き荷物を預ける。ダニエラの計画どおり、1日で私に見せたい場所をまわることができたらしい。(今回の旅、実は見たい場所もあったが、せっかくだしすべて彼女のプランどおりに動いた)

b0006244_23574884.jpg駅から歩いて名所巡り。
写真はPiazza Venezia(ヴェネツィア広場)。
ちなみにダニエラは・・ローマには3度くらい来たことがあるそうだが、言ってみれば田舎の子が東京に来たかんじであった。電車の乗り方も怪しいものがあったり、土地勘がないので・・
道を聞きまくり!!

しかしさすがに観光都市ローマ。尋ねた相手が外国人だったりすることも。

「・・・今のはスペイン人だったわ」

なんてこともしばしば~。カナダ人に道を聞いていたこともあった in English!!(爆)

b0006244_2358661.jpgこちらはColosseo(コロッセオ)。紀元80年に完成した競技場っていうんだからすごいものを感じたね。

お昼はここの目の前ででダニエラ特製・パニーノを食べる。パンに、トマト・生ハム・モッツァレラチーズ・サラダを挟んだシンプルなもの。
でもそれが美味しかった。。特に生ハムとトマト!!「好吃~♪」を連発したのは言うまでもない。
(先に書いておくが、中国語でしゃべるイタリア人と日本人がつねに奇怪に見られていたのも言うまでもない。特にシチリアでは・・。)

b0006244_23583178.jpgその後、駅に預けていた荷物を宿泊先に移動させ、今度はPiazza Navona(ナヴォーナ広場),Fontana di Trebi(トレビの泉),Piazza di Spagna(スペイン広場)等々へ。

スペイン広場は『ローマの休日』で有名なジェラートを食す場所!!と、思っていたがそういう人が多いため、いまはこの場所で食事は禁止されているらしい。残念ながら誰もジェラートを食べていなかった。
くやしいので、トレビの近くでジェラートを♪
カプチーノとコーヒーのダブルで♪♪

パスタはダニエラ家で食べまくるだろうと予想し、夜はとりあえずRavioliを食す。美味。
それから夜でライトアップされたトレビの泉へ再び。
(・・・ってゆーか、道に迷って→たどりついたらトレビだったのよね。)

街をさまよって地下鉄の終電も乗りすごし、バスで駅に戻ったのだが初日から面白かった。

~2日目・ヴァチカン市国に続く~

◆初日に見たところ(チラ見もあり)◆
[PR]
今日、イタリアから無事に帰国いたしました。
夏のバカンスを思う存分堪能できたのだが・・・ホントにちょっと焦ったよ~~。

b0006244_23461640.jpg私がイタリア入りする数日前にシチリア島のパレルモ付近で飛行機事故があったり、ローマを離れた翌日にローマ市内でバスが事故ったり、今日はギリシア・アテネで飛行機が墜落したり・・・と、実は自分にふりかかったかもしれないと思うとヒヤヒヤものであった。

b0006244_23543587.jpg結局、ローマで1泊2日、シチリア島で3泊4日。
ローマは建築物すべてに歴史を感じるし、すごく雰囲気のある街だった。一方シチリアは田舎だが、イタリアの家庭と料理を味わい、のんびりした時間をすごせた。
ダニエラのおかげでダニエラの家族とも意思疎通ができた。あーーーまた行きたい!!!

ちなみに・・初日、デジカメの充電器を忘れて泣きそうになる。
しかし最近のデジカメはすごいね、ムービーも撮ったのにギリギリでもちました♪♪
インスタントカメラを入れたら合計250枚くらい写真を撮った。詳細は後日upしまーす。
(写真はダニエラのお家から。)

時差ボケと連日の超不規則生活で変に目がさえてる。
よかった、連休が明日まであって。。。
[PR]
b0006244_1155319.jpgイタリア出発当日の今日、急いで準備してます。

フライトは夕方だけどこの時期は混んでるだろうし、早めに家を出ないと。そして滞在は5泊だけなのに、なぜかこの荷物だし、アタシったら・・・。中国留学並みとは言わないけど、なんかいっぱい入れてしまったぁぁ。。

ダニエラの家族は海辺に別荘をもってるらしい♪(ヨーロッパはやはり違うねぇ)
一応水着もって行くけど・・とメールしたら「もちろん泳ぐのよ!水着もってこい!」系だった。
というわけでビーチ用の準備もプラス。

スリやイケ面イタリア人の誘いには気をつけるように、と散々言われたのでホントに気をつけようと思う。危険度ピークは初日&2日目のローマ滞在期間とみた。
・・その前にダニエラと中国語会話ができるのだろうか。

やや不安なことはあるものの、異国の地で夏を満喫してきたいと思います。
しばしブログはお休み♪(携帯でアップできたら頑張ってみる)
写真撮りまくってきます。630万画素で。。。
ではみなさんもステキな夏休みを♪♪
[PR]
火曜の真夜中に1人で号泣

b0006244_0131940.jpg久しぶりに映画で泣かされた。中国で買ったDVDなんだけど、ゼンゼン見てなくて先日やっと見た。台詞が少ないし簡単な言葉なので学力低下気味の私でさえ、中国語で見ることができた。台詞があまりない分、チャンツイーの動作にかなり一喜一憂できる。

まさに純愛です。。。

かけ引きとかそういうものがなく、純粋に彼につくす18歳の女の子は現代にはもういない気がする。いたとしても、悲しいかな、「キモい」類に追いやられてしまうのかもしれない。

「あの映画は悲しいよ・・・」 と中国人朋友が言っていたが、私は切ないけどすごく素敵な作品だと思った。きっと必ずまた見たくなる、そんなお話です。
[PR]
# by ohimmiho | 2005-07-29 00:24
「中国人民抗日戦争記念館」がリニューアルオープン

マルコポーロも絶賛したという盧溝橋。(写真は昨年10月に撮ったもの)
私がここを訪れたときには、夕焼けがとても綺麗だった記憶がある。
ここで日中戦争のきっかけとなる事件がおこったとは信じがたかった。

世界が平和でありますように、ってベタだけど七夕の願い事はそれです。
b0006244_0144955.jpg

[PR]
b0006244_1051231.jpg(写真は万博の中国館にて撮影)
ついに北京でも反日デモが起こってしまった。

私が留学していた語言大学付近(海淀区)の中関村「海龍大廈」ではじまり、日本大使館にもペットボトルとかが投げられたとか。これについてはpandanokuniさんのブログ(日本大使館付近に手配済みだったデモ隊"送迎バス")を参照下さい。かなり臨場感のあるレポートされてます。

今朝の朝日新聞にも載っていたけど、日本料理屋も窓ガラスを割られたなどの被害があったらしい。しかも紙面に載っていた地図に『日本料理屋 月山』が・・・。え、あそこ!?とびっくりした。というのは、ここは私の北京最後の『現地採用の会』を開催した思い出(?)の場所だったので・・・。この中国人経営の日本料理店でさえ被害に。あの店長さんどんな思いなんだろ。。。

ニュースを見ると、ホントに日本に反対して興奮してる人民は一部で、その後ろでニヤニヤ笑ってる人民が多いみたい。誰かが扇動して仲間呼び集めてみんなでワイワイやってるだけの感覚なのか、それにしては大規模なようで。中国政府も対応してるようすはないし(相変わらずね)。

北京をはじめ中国にいる日本人の方々が心配です。
幸い建物が被害を受けていて、人に直接の被害はいまのところないようだけど・・・。
[PR]
b0006244_22173442.jpg

b0006244_22174922.jpg

b0006244_2218227.jpg

生まれたらしい↓
b0006244_22181481.jpg

b0006244_22182912.jpg

[PR]
# by ohimmiho | 2005-03-22 22:19
(写真は帰国日の北京空港行きのタクシーにて撮影~朝焼けです)
b0006244_10452496.jpg昨晩はお家でWelcomeパーティーしてくれた。
お刺身やママさん手作りのカニクリームコロッケなどなど、至れり尽くせりでした。調子にのって『黒霧島』(芋焼酎)を数杯いただきながら・・・。半年ぶりの家族全員集合で、しゃべりまくりの楽しいひとときをすごすことができた。

真夜中。

「ウッ・・・」
気持ちが悪くて目が覚める。

(トイレにかけこむこと2回。)

朝はゲッソリ。フラフラしながらリビングに行ったはいいけど立てない。双子姉のインフルエンザがうつったんじゃとか思ったけど、すでに姉は元気なのでそのはずもない。37.1℃の微熱。とりあえず、ずーっと気持ち悪く、ゴハンもろくに食べられない状態が続く。

ベッドで寝たり起きたりをくりかえして、気付けば夜の8時になっていた。
やっとちょっと食べて現在。かなり元気になり、熱も36.7℃まで下がっていた。

原因として考えられることは・・・。
①緊張しすぎ
②重い荷物もちすぎ
③食べ過ぎ
④しゃべりすぎ
⑤お風呂に入りすぎ

一種の疲れなんだと思います。
よく、運動会終わった後に熱出す小学生や受験後に体調崩す高校生とかいるけど、そういうカンジだと思った。自分でもびっくりした。こんなことってあるんですね、とか。

明日もゆっくり休養しま~す。
[PR]