<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

写真はローマ、コロッセオ付近のMercato(メルカート)、スーパーマーケットのこと。

b0006244_23373171.jpg懲りずにイタリア旅行ネタを書き続ける私。
あと2回くらいで終える予定♪

タイトルどおり、今回のテーマは・・・

 『シチリアの人々にどのような質問を受けたのか?』

その質問事項を列挙させていただく。
あえて私の回答は書きません。

①日本人はコーヒーを飲むの?
②日本に海はあるの?
③それはシチリアのような(綺麗な)海なの?
④日本人は「サヨナラ」と言いながら手を合わせて頭を下げるんだろ?
⑤リゾットは食べたことある?
⑥お家では寿司をいつも食べているの?
⑦フォークとナイフ使えるんだ?
⑧『ハシモト(橋本)』ってどういう意味?
     ・
     ・

日本人に対する知識ってのが明らかになる瞬間でもある。
で、「日本に海の上に建てられた空港があるんでしょ?」、という意外な質問が出てくると驚かされる。ちなみにこの空港は中部国際空港(セントレア)のこと。

私は正しい日本の情報を教えてきたよ。
なんだかんだ彼らは好意的で日本に興味もっていたよ。

一方、最近Penpalになったシンガポール人は「日本に台風がきて、○人亡くなったんでしょ?昨年の日本にきた台風は史上最高で、すごい被害にも遭ったんでしょ?」というメールを送ってきた。詳しすぎます。。。

ダニエラは今日のフライトで北京に発ったのでした。
祝她顺利,身体健康!!
[PR]
相変わらず食欲減退・フラフラ系なので『アルフェ』(栄養ドリンク剤)飲んじゃった。。。

b0006244_1893395.jpgさぁ問題です。
この標識は何を表しているでしょうか!?

①この近辺、デートスポット!
②この近辺、通学路のため運転注意!
③この近辺、スリに注意!

ちなみに、この海辺以外の場所でも見た。

私の勘で行くと・・・当然③!!
イタリアはスリが多いからね、この標識は『女の人が背後から走ってきた男にバッグ取られちゃった』絵なんだ、きっと。
この旅行中に私は幸いスリに遭わなかったけど、場所によっては危険な地域もあると聞く。。

で、確認。

私 「ダニエラ、この近くはスリが多いの?あれって気をつけようってこと?」
ダ 「違うよ~!!(笑)
   近くに学校があって通学路になってっから、運転注意しろってことだよ」

正解・・・②。

その後、ダニエラ家族&親戚一同にもこのネタで笑われたのであった。
国も違えば表現も違うでしょーなんて。
(って言ってもこの標識を③と思ったのは私だけかもしれぬが・・・)

b0006244_202248.jpgこの日もメドゥーサが発生したため、結局午前中だけ軽く泳いですぐに海のお家に戻った。

おかげでシチリア独自のカードゲームを三女キャラ・次女フランチェスカから教えてもらうことができた。どうやらイタリア語でカードゲームのことを『Carta(カルタ)』と言うらしい。



トランプに近いのだが、柄がトランプとは異なり、『盃(コッペ)』・『こん棒』・『コイン』・『剣』の4種類。それぞれ柄が似ているので、まずはそれらを識別するまでに時間がかかった。。。教えてもらった遊びは『Briscola(ブリスコラ)』と『Scopa(スコーパ)』。

b0006244_1824569.jpgどちらのゲームも、相手のカードよりも強いカードを出して、点数を稼いだほうが勝ちっていうゲーム。
スコーパはコイン柄が一番強くて、『7』を集めるといいとか・・・。とりあえず頭使うゲームであった。私には普通のトランプ、もしくは百人一首の坊主めくりの方が性にあっているかもしれない。

b0006244_19344752.jpg海の家の生活は1泊で終了。時間がないからねぇ。。。
夕飯後、私たちはCataniaの家に戻ったのであった。
←みんなで撮った記念写真がコレ。

次の日は早くも帰国です。(泣)
お昼のローマ発→香港経由名古屋行きに乗るため、シチリアを7時すぎの飛行機で旅立つのであった。。。


~6日目・さらばイタリアへ続く~
[PR]
イタリア旅行記は今日はお休み。写真upします♪
好美呀~!!
しかしながら建築物があまりにもキレイだし、実際なにを撮っても迫力があったので、自分が撮ったと思えない。ホントは行ってなくて、写真パクってきたように見えてしまう。。。

<ヴェネツィア広場>
b0006244_1264186.jpg

<フォロ・ロマーノ>
b0006244_1265762.jpg

<コロッセオ>
b0006244_1373038.jpg

<トレビの泉(ライトアップ開始)>
b0006244_1412228.jpg

<ローマの夜>
b0006244_1363677.jpg

[PR]
by ohimmiho | 2005-08-21 01:47
4日目は朝からドゥォモ教会を見に行った。
ドゥォモはどんな小さな町にでも必ず1つあるそうです。いつかフィレンツェのドゥォモに行きたい。

b0006244_2191693.jpg私が行った数日間はホントに天気がよくてかなり綺麗な風景が撮れた。もちろんデジカメのおかげもあり。

古い建築物や教会とかに書かれている字はほぼ「ラテン語」とのこと。ダニエラはラテン語は聞き取れないけど、字は読めるらしい。すごい女の子だよ、まったく。。。
昼前にダニエラたちの従兄妹とともに、家族で「Taormina(タオルミーナ)」の海へ移動。
やはり1時間ちょっとかけて、今度はCataniaの北へ。

b0006244_21181347.jpgついに地中海デビュー♪数年ぶりに水着を。
特に欧米系って露出激しいから・・アジア女はさぞかし見劣りしていたと思われる。。。
12歳でセクシーな水着着るんじゃな~い!!(怒)
↑あ、ダニエラの妹で三女のキャラちゃんのこと。
まだ12歳という若さである。

とりあえず、ここの海は砂利でした。
裸足で歩くと痛すぎる!しかも太陽も照り付けてる。おかげで海水が気持ちよかったが。

ダニエラ三姉妹と従兄妹2人と海を泳ぎながら、ヴァカンス気分に浸っていると・・。
従兄妹の1人であるSimone(シモーネ)が急に
「注意したほうがいいよ、あそこに・・・メドゥーサがいる」、と。

b0006244_21255036.jpg
Medusa。。。
メドゥーサ。。。


ギリシア神話に出てくる首だけの、頭が蛇のヤツ??
だよね?そうだよね?

しかし彼の指差す方向を見てすぐに「それ」が何かわかった。

クラゲ。

神話のメドゥーサとクラゲ、共通点がないこともないが・・・。
近くにいたダニエラの家族の知り合いたちもクラゲを指差して、一斉に「メドゥーサ!メドゥーサ!!」。ちなみに「小さいクラゲ」は「Piccoro Medusa(ピッコロ メドゥーサ)」。

このメドゥーサ、黒っぽい。普通この時期にはまだクラゲは発生しないそうだが。

そんなことでこの日は変なイタリア語を習得し、写真のとおり水着のままお昼ごはん・夜ごはんを食したのであった。なんたって、家の前が海ですから。。。(@_@;)
この日は海の家に泊まったのであった。

あーすごすぎるよ、毎年の夏をこうやってすごしてみたいよ。

~5日目・続◇地中海に続く~

シチリアナイツ
[PR]
2日目の夜ゴハンを23:30から食べ始め、5種類の生ハム等々を大量に食べさせられて相当キモチ悪くなった翌日。。。朝はヨーグルトとビスコッティ、カフェラテで軽くすます。

留学時にも気になっていたのだが、ダニエラだけでなくイタリア人は液体系のものにビスコッティを浸して食べるのである。私も真似して食べていたが、ヨーグルト+ビスコッティの組み合わせは・・・。(以下略)

b0006244_0574825.jpgこの日は昼前にダニエラのパパが、シチリア島・東南部にあるSiracusa(シラクーサ)という町に連れて行ってくれた。

Cataniaから100kmくらい離れているところで、車でおよそ1時間ちょっとだったかな。
(ダニ・パパのおっそろしい運転に何度も死を覚悟した。比中国人厉害。
写真は「Anfiteatro Romano(ローマ円形劇場)」withダニエラ。
なんとこの闘技場は紀元3~4世紀に建てられたそうな。。

そのまま巨大洞穴のある「Parco Archeologico della Neapoli(ネアポリ考古学公園)」へ。この洞穴の中で囚人を働かせていたらしい。

b0006244_0464995.jpgその後、シラクーサにある小さな島「オルティージャ島」へ入る。島って言っても島じゃなくて車で普通に行けるところ。。

この海岸も綺麗だった。ここには「Fonte Aretusa(アレトゥーザの泉)」っていうのがあって、パピルス(エジプトとかで紙の原料になってた植物)を初めて目にする。

そしてお昼のためにダニエラ家に戻る。
ランチタイムは15:00開始!
本日はお米を使った『サラダ』からスタート。豆とトマトとレタスと米、味付けはバルサミコ酢とオリーブオイル、塩、黒胡椒というシンプルなもの。

主食みたい♪、と思っていたらその後にチキンやチーズを使った重めの料理が出てきて、またもお腹いっぱいに。。。しかもお昼からワイン!!パパさんが作ったそうで、かーーーーなーーーーり美味しかったです。今までにない香りと飲んだことない風味がしました。

b0006244_1252964.jpg食後にママの作った「クロスタータ」というお菓子(中にジャムが入ってるクッキー生地のようなパイのような)とともにエスプレッソをクイっといただきました。

このエスプレッソメーカーはイイっっと思ったね。
帰国前にお土産としていただいてしまい毎日飲んでるけど、直接火にかけて出すから電気で入れるコーヒーとはゼンゼン違うっっ!
こんなにも違うとは。

と、この日も食べるもの見るものすべてに感動したのであった。
夜はダニエラと次女フランチェスカと3人で夜の街へ。海岸沿いを歩きながら、そこから見える夜景にひたった。しかしながら次女の激荒い運転のため、よからぬ想像が何度も脳裏をよぎるのであった。。。(比她的爸爸厉害。

~4日目・地中海を泳ぐに続く~
[PR]
時差ボケ解消せず、昨晩はAM4:00就寝。

b0006244_2248577.jpg初日にローマ市内を歩き回ったためにダニエラと私は爆睡だった。朝ごはんも食べる気がせず、果物だけを食べる。

写真は初日に泊まったところ。
ホテルではなく、Termina駅から徒歩2分の教会が経営する宿泊所なのですごく安かった。素泊まりで数千円だったし、こんなに外観もキレイなので正直びっくり。

b0006244_22542646.jpgさて、2日目のメインはCitta del Vaticano(ヴァチカン市国)!!カトリック教の総本山!すぐBasilica di San Pietro(サンン・ピエトロ大聖堂)に入り、夕方までpiazza San Pietro(サン・ピエトロ広場)で過ごした。

今年新しいローマ法王が誕生するときには何度もテレビに映っていたけど、本物はちがう!圧倒されるくらい雄大でもあり精妙であり、天井や壁の芸術品の数々を見るとダニエラじゃないけど「心が落ち着くよね」という空気がただよっているのである。。。。と私らしくもない言葉をならべてしまったけど(笑)、ホントにそうだった。

b0006244_0143989.jpgそうそう、お昼ごはんはパスタ。
カルボナーラいっちゃいました♪
本物の『アルデンテ』。パスタの芯は髪の毛1本分。
ちょっと固めがやみつきになる美味しさだった。これを食べたら・・・日本のパスタは何なんだろ?とやや思えるくらいの。(っと書きつつ、日本でも間違いなくパスタ食べるけど~♪)

b0006244_0214771.jpgお店がある通りのようす。
天気もいいし、外で優雅に食べたわってカンジがしました。ただ、ちょっとびっくりしたのが、このお店で出された『水』。
普通の水だと思って飲んだら、「うげっ」。

なんと微炭酸入り。後味は甘さがほしくなるような、なんとも言えない味だった。ヨーロッパには結構こういう水があるらしく、好んでそれだけを飲む人もいるとかいないとか。

お昼後はサン・ピエトロ広場の大きい柱の陰で一休み。ここだけ風があって気持ちいいね・・・と思って横を見たらいつの間にかダニエラ寝てんじゃん!!彼女の寝顔を見ながらスリを警戒し、見張り役に徹してみた。。。

さて。シチリア行きのフライトは夜21:00。
出発点TerminaからFiomicino空港に向かい、飛んで1時間ちょっと。
のハズがAlitalia(アリタリア)航空は30分以上遅れて飛び、音が死ぬほどうるさかった。
おかげで次の日、耳がずっとおかしくなってしまった。。

結局、シチリアのCatania空港に着いてダニエラ家に到着したのは23:30!!!
それでも家族全員が夜ゴハンを待ってくれていてた。
ダニエラいはく、一般的にイタリア人の食事時間は遅くて適当らしいが・・・。挨拶をかわして、マンマの料理はBuono Buono~~♪♪と言いながら、吐きそうになるくらい食べさせられたのであった。

~3日目・シチリア島デビューに続く~

◆2日目に見たところ◆
[PR]
今朝起きたら14時・・(゜▽゜;)
姉がまちがえて鳴らした警報器の大音量にも気づかないくらい、意識不明だったとか。。。

b0006244_21431485.jpgローマ到着までの旅はいずれ書くとして。。。
イタリア時間・8:00AM。ダニエラとFiumicino空港で感動の再会を果たし、そのまま市内のTermini駅へ行き荷物を預ける。ダニエラの計画どおり、1日で私に見せたい場所をまわることができたらしい。(今回の旅、実は見たい場所もあったが、せっかくだしすべて彼女のプランどおりに動いた)

b0006244_23574884.jpg駅から歩いて名所巡り。
写真はPiazza Venezia(ヴェネツィア広場)。
ちなみにダニエラは・・ローマには3度くらい来たことがあるそうだが、言ってみれば田舎の子が東京に来たかんじであった。電車の乗り方も怪しいものがあったり、土地勘がないので・・
道を聞きまくり!!

しかしさすがに観光都市ローマ。尋ねた相手が外国人だったりすることも。

「・・・今のはスペイン人だったわ」

なんてこともしばしば~。カナダ人に道を聞いていたこともあった in English!!(爆)

b0006244_2358661.jpgこちらはColosseo(コロッセオ)。紀元80年に完成した競技場っていうんだからすごいものを感じたね。

お昼はここの目の前ででダニエラ特製・パニーノを食べる。パンに、トマト・生ハム・モッツァレラチーズ・サラダを挟んだシンプルなもの。
でもそれが美味しかった。。特に生ハムとトマト!!「好吃~♪」を連発したのは言うまでもない。
(先に書いておくが、中国語でしゃべるイタリア人と日本人がつねに奇怪に見られていたのも言うまでもない。特にシチリアでは・・。)

b0006244_23583178.jpgその後、駅に預けていた荷物を宿泊先に移動させ、今度はPiazza Navona(ナヴォーナ広場),Fontana di Trebi(トレビの泉),Piazza di Spagna(スペイン広場)等々へ。

スペイン広場は『ローマの休日』で有名なジェラートを食す場所!!と、思っていたがそういう人が多いため、いまはこの場所で食事は禁止されているらしい。残念ながら誰もジェラートを食べていなかった。
くやしいので、トレビの近くでジェラートを♪
カプチーノとコーヒーのダブルで♪♪

パスタはダニエラ家で食べまくるだろうと予想し、夜はとりあえずRavioliを食す。美味。
それから夜でライトアップされたトレビの泉へ再び。
(・・・ってゆーか、道に迷って→たどりついたらトレビだったのよね。)

街をさまよって地下鉄の終電も乗りすごし、バスで駅に戻ったのだが初日から面白かった。

~2日目・ヴァチカン市国に続く~

◆初日に見たところ(チラ見もあり)◆
[PR]
今日、イタリアから無事に帰国いたしました。
夏のバカンスを思う存分堪能できたのだが・・・ホントにちょっと焦ったよ~~。

b0006244_23461640.jpg私がイタリア入りする数日前にシチリア島のパレルモ付近で飛行機事故があったり、ローマを離れた翌日にローマ市内でバスが事故ったり、今日はギリシア・アテネで飛行機が墜落したり・・・と、実は自分にふりかかったかもしれないと思うとヒヤヒヤものであった。

b0006244_23543587.jpg結局、ローマで1泊2日、シチリア島で3泊4日。
ローマは建築物すべてに歴史を感じるし、すごく雰囲気のある街だった。一方シチリアは田舎だが、イタリアの家庭と料理を味わい、のんびりした時間をすごせた。
ダニエラのおかげでダニエラの家族とも意思疎通ができた。あーーーまた行きたい!!!

ちなみに・・初日、デジカメの充電器を忘れて泣きそうになる。
しかし最近のデジカメはすごいね、ムービーも撮ったのにギリギリでもちました♪♪
インスタントカメラを入れたら合計250枚くらい写真を撮った。詳細は後日upしまーす。
(写真はダニエラのお家から。)

時差ボケと連日の超不規則生活で変に目がさえてる。
よかった、連休が明日まであって。。。
[PR]
b0006244_1155319.jpgイタリア出発当日の今日、急いで準備してます。

フライトは夕方だけどこの時期は混んでるだろうし、早めに家を出ないと。そして滞在は5泊だけなのに、なぜかこの荷物だし、アタシったら・・・。中国留学並みとは言わないけど、なんかいっぱい入れてしまったぁぁ。。

ダニエラの家族は海辺に別荘をもってるらしい♪(ヨーロッパはやはり違うねぇ)
一応水着もって行くけど・・とメールしたら「もちろん泳ぐのよ!水着もってこい!」系だった。
というわけでビーチ用の準備もプラス。

スリやイケ面イタリア人の誘いには気をつけるように、と散々言われたのでホントに気をつけようと思う。危険度ピークは初日&2日目のローマ滞在期間とみた。
・・その前にダニエラと中国語会話ができるのだろうか。

やや不安なことはあるものの、異国の地で夏を満喫してきたいと思います。
しばしブログはお休み♪(携帯でアップできたら頑張ってみる)
写真撮りまくってきます。630万画素で。。。
ではみなさんもステキな夏休みを♪♪
[PR]