北京旅行2日目

免許更新に行って来ました♪♪
ついにゴールドでございます。今後乗る可能性が高いのでさっそく近場で練習してきた。

そうそう、旅行の更新を怠っておりましたわ~。
写真のサイズにバラつきがある&容量が大きいのはご了承ください。
編集ミスった。

◆◆◆◆◆◆◆◆

北京旅行2日目。(1月21日土曜日)

b0006244_22195230.jpg
この日はALLフリーだったので、やること&行きたいところを前夜からリストアップしていた。
北海公園、チャリンコでの胡同巡り、足マッサージ、王府井でショッピング。。。
やはり写真いっぱいで解説少なめでお届けしましょう。

まずは北海公園。

実は1度も行ったことがなかったのよね。
夏とか秋に行った同学がいて、「けっこうよかったよ」と言っていた。

しかし白い塔も大気汚染と霧のため、近くのはずなのに全然見えず。

冬はやはり寒い!
湖も凍るってるのでスケートやってる子供たちがわんさかいて。。。
b0006244_2222091.jpg


続いては胡同巡りのチャリンコツアーへ!(これも初)
陽気な北京語訛りが入りまくったおっさんがいたので、その人に決定。
怪しい小道を走りながら、チャリンコは真冬の約2時間を走り続けたのであった。
b0006244_22252674.jpg






北海公園の北側は老北京(北京っ子)が住んでいる、昔ながらの造りが残っている場所。
四合院(初)とか胡同ってのがそれ。それを見て周る観光客向けの商売。

ここは四合院。
b0006244_22273629.jpg

中国人の観光客たちに交ざって四合院の解説を聞く。
ここらは故宮よりも高い建造物はダメってことで、造りがとても低いとかなんとか。
古い家だと800年の歴史があるとか言っていた(ような気がする)
ちなみに日本にもあるけど、「東(右)は男、西(左)は女」っていうのが当時はあったらしい。
b0006244_22274858.jpg
湖の周りに妙な名前のバーを発見。

・・・『7月7日晴れ』って、思いっきりドリカムの歌のタイトルじゃん!?
中国人にとっては盧溝橋事件の日ではあるが。。。
b0006244_22304530.jpg


ツアーも終盤にさしかかり、故宮北にある鼓楼へ。(ここも初)
中には入らなかったけどね。
b0006244_22341390.jpg


チャリンコおじさんとはバイバイするときに「小費(しゃおふぇい)」を要求される!!
「(チップを渡す)そんな文化は日本にはないし、中国にだってないでしょ!?」と言ったのだが、しつこく言われそうだったので、結局10元渡した。とても喜んでいた。

続きまして~。
タクシーで移動。移動先はコチラ!!!!!
b0006244_22393536.jpg

b0006244_2239478.jpg


見る人が見ればわかる、そう、ここはワタシの留学していた語言大学で~す♪
上の写真が教三楼といって勉強していた棟、下は四楼っていう寮。

教材を買いに図書館に入ろうとしたら、「学生証見せて」と不意打ちを喰ってしまった。
相当怪しい人間に見えたのだろうか。ふだん言われたことないのにぃ!!
しかし「ごめんなさい、家に忘れちゃいました・・」と言ったら、「次回はちゃんと持ってきなさいよ」と言われ、あっさり侵入に成功!教材を買ってホテルに戻ったのでした♪

とりあえず、スタバでモカをテイクアウトしてホテルにある足マッサージへ。
17時までは50分69元だから・・まぁまぁ安いと思った。
b0006244_22451555.jpg

双子の姉と初めて旅行に来たときは、足マッサージしてくれた男女が何を言ってるかサッパリわからなかったけど、今回はとくに問題もなく。。。
やや感動しつつ、足の疲れを癒していただきました。

さて夜。

秀水の小さな地下街で買い物をして、王府井『小吃街』へ繰り出す。(初)
だって羊肉串がどぉぉしても食べたかったんだもーん。
b0006244_22481811.jpg

ちなみに屋台に並んでいるのは・・・ゲテモノも多い。
手前は羊肉、奥の縦にさしてあるのは、タツノオトシゴ。ぎょえぇ。
b0006244_22493446.jpg

そして極めつけは。。。セミとかの昆虫類!!!!(TwT)
b0006244_22502841.jpg


ガイドブックで見たことあるけど、自分の目で見るとそのキモさがよくわかった。
さすがに注文はせず、あー気色悪かったと思いながら羊肉串を歩きながら食べていた。

そして、電気が当たる場所でその羊肉に光があたった。
それを見た瞬間、思わずティッシュで吐き出して食べかけの串ごと捨ててしまった。

羊肉半生じゃん。。。

正確に言えばミディアムレアってやつかな。。。
日本生活でクリアな身体になった私に、この半生が耐えられたのであろうか。

~3日目につづく~
[PR]