中国の教育事情を垣間みる。


中国のドラマ『中国式離婚』(2005年)を見た。
って言ってもDVD3枚セットで合計23回のうち、たったの3回。

ドラマってその時代の考えとか流行を反映させてるから、それも見ていて面白い。
そこで気になったセリフをピックアップ。
これから小学校にあがる子供の母親が、たかが小学校と思っている旦那に言ったセリフ。

  上不了好的小学,就上不了好的中学。
  上不了好的中学,就上不了好的大学。
  上不了好的大学,孩子这辈子就完了。


・・・子供が小学校でつまづいたら、その子の人生は終わり ってかい??

日本も韓国も中国も高まってるんだろうね、親の教育熱。
最近の中国では、大学を出たとしても結局は就職難らしいけど。

でもさー、子供のためを思ってお金つぎ込んで優秀に育てた子が、どっかで挫折したり反発して親の希望に反するケースもいっぱいあるじゃなぁーい?
(教育については筆者はコメントをここまでに控えます。未婚だし、子供もいないので)

++++++++++++++++++++++++

そうそう、中国は離婚率が年々増加していているそうです。。
あるデータによると北京での離婚率は50.9%とか!!!
 ※こちらご参考までに→北京離婚率50.9% 日本越える(2005年6月)

信憑性は別として、いろんなニュースやサイトを見ても増加傾向ってのは間違いない。
良し悪しは場合によるけど世界一の離婚率はロシアだそうです。
[PR]